会社概要

商 号 吉田織物株式会社 (ヨシダオリモノカブシキカイシャ)
設 立 昭和11年9月5日
事業内容 業務厨房ほか 総合繊維染色加工製造販売
所在地 〒959-0242 新潟県燕市吉田大保町11番25号
TEL : 0256-93-3155
FAX : 0256-93-3157
e-mail : o-toiawase@yoshidasarashi.co.jp
資本金 3千万円
従業員数 5名
取引金融機関 北越銀行・第四銀行
主要取扱製品 吉田晒®・業務用厨房繊維製品・タオル・染物・祭礼用品
日東紡績株式会社製品
株式会社ミューファン製品  東レ株式会社製品
ユニチカ株式会社製品  帝人株式会社製品
主要仕入先 総合商社 専門商社 繊維加工会社 紡績会社 繊維商社 合成繊維会社
主要販売先 繊維問屋 官公庁 各種団体 業務用厨房用商社 業務用厨房用品製造会社 一般消費者

吉田織物の歴史と吉田晒®

吉田町(現:燕市)は、新潟平野のほぼ中央、越後一宮弥彦神社のお膝元にあります。古くから米、晒木綿の産地でした。江戸時代から「繊維産業」、とりわけ「白木綿」は吉田町の主要産業として栄え、「明治」「大正」「昭和」と引き継がれました。

吉田織物株式会社は、五代目「齋藤久平」が近衛歩兵第2連隊退役後、大日本帝国海軍「山本五十六元帥」に知己を得、工場制機械工業の様式を取り入れた大規模な綿織物製造工場を設立しました。
昭和11年9月5日のことです。

主に海軍御用として、衛生材料の「ガーゼ」の生産を開始しました。当時は、戦傷者のための衛生材料が必要とされました。原材料の「糸」は海軍から支給され、製品は衛生工廠( 兵器・弾薬などの軍需品を製造・修理した工場)へ納め、海軍への納品は、終戦まで続きました。

衛生材料製造の経験と、業務用厨房用品の集散地「燕市」に立地していることから、食品の安全と衛生を考えた製品づくりをモットーに、業務用厨房関係の繊維製品を取り扱っております。

吉田晒「吉田晒®」は、吉田織物株式会社のオリジナル商品です。

吉田地区の白木綿の萌芽は天保年間いわれ、近隣の農村で作られていました。大正期に入り豊田式力織機の導入により工業化が進みました。白木綿は二〇単糸の綿糸で織った布を漂白乾燥します。
単に「さらし」というとこの生地を指します。

激動の昭和の時期を経て、現在もなお小幅白木綿のトップブランドとして多くの皆様にご愛用をいただいております。

アクセスマップ

吉田織物株式会社 外観

<