ミューファン®製品・ふきん・だしこし・炊飯ネット・テーブルクロス・タオルなど、
食品の安全と衛生に最適な繊維素材を厨房のご要望に合わせて、1つからオーダーメイドいたします。
厨房・食品用の繊維製品専門店 吉田織物
お問い合わせフォーム
HOME >> 厨房用繊維製品 >> 食品用濾過布・漉し布

食品用濾過布・漉し布

自信の日本品質、Made in Japan(メイドインジャパン)!
素材・縫製、国産・国内加工にこだわった日本製です。

さまざまな用途・形状に対応いたします

 食品に最も適した濾過布・漉し布をオーダーメイドで、小ロットから対応いたします。
 お気軽にお問合せください。

 日本製・国産 生産地:大阪府

袋型濾過布

最も一般的な形状です。原料となる食品を袋の中にいれ、口を結んで搾ります。
目の粗いさの違う濾過袋を使うことにより、滑らかに仕上がります。
ナイロン製です。

筒型濾過布

主にあんこ搾り用として利用されています。筒状の袋で、両端をひもで結んで搾ります。
筒状で底がないため、搾った後、中のあんこが取り出しやすく、洗浄が容易で細菌の繁殖を極力抑えることができ作業効率も上がります。
かまぼこなどの水産食品を搾るときに使われる濾過布です。
非常に強く、水切れがいいのが特徴です。
ナイロン製です。
醤油などをを搾るときに使われるろ過布です。
縦糸はナイロン、横糸はテトロンが使われています。

シート型濾過布

余分な水分を取り除いたり、お米やお饅頭を蒸篭(せいろ)で蒸すときに下に敷いて使われます。
食品の離れがいいパイレンがよく使われます。

濾過布・漉し布に最適な生地

ナイロン

布地が強くて破れにくいのが特徴です。
ナイロンは一般的に苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を使って消毒されます。
テトロン
布地が強くて破れにくいのが特徴です。
製餡工場では一般的にろ過布を次亜鉛酸で消毒しますが、ナイロンは次亜鉛酸に弱い為、テトロンが使われることが多いです。
パイレン
色がつきにくく、食品の離れが良いのが特徴です。
木綿
強度は高くありませんが、値段が安く、吸水性が高いのが特徴です。

日本料理・和食の
「だし・うま味(UMAMI)」が世界中から注目されています!

日本料理・和食の味「うま味」が世界の料理人にも広がり、海外の料理でも「UMAMI」が取り入れられるようになりました。

吉田織物は、うま味を引き出す濾過布(だしこし袋・だしこし布)を取り揃えております。
食材、用途に合わせてご提案いたします。

だしこし袋・だしこし布選びの参考に「濾過布一覧表

お問い合わせ