ミューファン®製品・ふきん・だしこし・炊飯ネット・テーブルクロス・タオルなど、
食品の安全と衛生に最適な繊維素材を厨房のご要望に合わせて、1つからオーダーメイドいたします。
厨房・食品用の繊維製品専門店 吉田織物
お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム
HOME >> 繊維用語

繊維用語

繊維にまつわる言葉の意味

 人の口に入るものを扱うことは、非常に気を使うもの。
 吉田織物は、常に食品の安全と衛生を考えて、最適な繊維素材を選び、縫製に工夫をしています。

「安全」 「衛生」 につながるキーワードをピックアップしてご紹介します。


未晒(みざらし)・生成(きなり)

 未晒(みざらし)・生成(きなり)とは、糸や布を漂白していないことをいいます。
  「漂白」とは、さらし粉・亜硫酸・オゾンなどや蛍光漂白剤を使って、糸・布に含まれる有色物質を分解・除去することです。

 できあがったばかりの綿布は、蛍光漂白剤を使っていなので、少し黄色がかった色合いです。いわゆる「生成色(アイボリー)」です。
 また、生成に見られる「黒っぽいぶつぶつ」は、綿花の原料そのままの証です。

無蛍光晒(むけいこうさらし)

 蛍光増白剤を使わないで、漂白することを言います。仕上がりは若干黄味がかっています。

 反対に、「蛍光晒(けいこうさらし)」は、塩素系の漂白剤を使い、繊維中の色素を化学的に酸化漂白することを言います。

 蛍光増白剤とは、繊維に紫外線エネルギーを吸収することによって、青色光を放出する性質の有機化合物吸着する方法です。

重金属(じゅうきんぞく)

 カドミウム、鉛などの金属を「重金属」と呼んでいます。

 これらの金属は、人体に悪影響を及ぼし、食材に直接触れる容器や包装するものには、検出されないことを求められています。

日本料理・和食の
「だし・うま味(UMAMI)」が世界中から注目されています!

日本料理・和食の味「うま味」が世界の料理人にも広がり、海外の料理でも「UMAMI」が取り入れられるようになりました。

吉田織物は、うま味を引き出す濾過布(だしこし袋・だしこし布)を取り揃えております。
食材、用途に合わせてご提案いたします。

だしこし袋・だしこし布選びの参考に「濾過布一覧表

お問い合わせ